株主の皆様へ

 株主の皆様におかれましては、日頃より当社グループの活動にご理解とご支援をいただき、心より感謝申しあげます。

 2021年6月に代表取締役社長に就任して以来、現在実行中であります「中期経営計画2023」の実現と更なるステークホルダー重視経営の実現を念頭に様々な取り組みを展開実施してまいりました。具体的には10月には自己株式の取得に加え、2022年1月には株主の皆様への継続的な安定配当の実施基本としつつ、内部留保の充実に留意しながら、業績及び配当性向等を総合的に勘案し、12円増配の予定を公表いたしました。

 また、以前よりCSR推進活動に取り組んでおりましたが、SDGsについても重要な経営課題である認識し、今期より更に取り組み強化を図り、全社横断的な活動として「サステナビリティ委員会」を発足し、従業員一人ひとりが自ら考え、自分たちの仕事をSDGsと紐づける活動も実施してまいりました。

 このような取り組みを行いながら、元より大切にしてきた現場での地道な活動を貫き、売上・利益において過去最高を達成することができました。

 今後も物流、自動車、情報、人材で構成される複合的サービスの強みを最大限に発揮し、お客様のお困りごとやニーズにキムラユニティーグループ全体で取り組み、お客様への「お役立ち度」の向上や更なる価値の創造を実現する「お客様第一」の活動を展開し、皆様のご期待にお応えすべく努めてまいります。

 株主の皆様におかれましては、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

2022年6月

ページトップへ