あなたと私。まだ見ぬ誰かと。
人との繋がりが未来を変えていく。
明日を、世界をもっと明るく。

SDGs

今、SDGs(持続可能な開発目標)の視点を持って意識的に行動することが、私たち一人ひとりに必要とされる時代になっています。今を生きることに加え、この先の未来を「想像」し、「行動」する力が問われていると思うのです。私たちの、この想像と行動の力が少しずつ日々を変え、数年先、数十年先により良い未来へとカタチになることを希います。
未来の小さな命のために、今と、この先の私たち自身のために、明るい未来を想像して紡いでゆきたい。だから、私たちキムラユニティーはSDGsの視点を踏まえたサスティナビリティ活動を通して『社会・地球の持続可能な発展への貢献』にこれからも取り組み続けていきます。
代表取締役社長 成瀬 茂広

代表取締役社長 成瀬 茂広

Respect the Law 38
歩行者を優先する車社会に

歩行者優先を知る、歩行者優先を行う、歩行者優先を伝える。
私たちキムラユニティーは、歩行者が車に道を譲る車社会から、「歩行者を優先する優しい車社会」へ変えていく活動を行っています。

JAFの調べによるとドライバーの約80%が横断歩道に歩行者がいても減速や停止をせずに通過しているのが日本の現状です。歩行者関連事故の件数が先進主要国の中で最も多いのもまた日本…。
「道路交通法38条 歩行者優先」を私たち一人ひとりが知り、実践し、広めていくことで交通事故の無い社会にしていきたいと思っています。

Respect the Law 38 のページ

その他、交通事故撲滅に向けた企業活動

企業の問題解決をトータルサポート
モビリティデータの掛け合わせで車両管理業務の効率化、コスト削減、安全運転推進などの課題をトータルサポート
車両管理システム KIBACO
車両情報や契約情報を管理し、データを活用することで、車両管理をラクに運営
> more
100日間無事故キャンペーン
無事故活動に役立てていただけるよう実施している【100日間無事故キャンペーン】
> more

工数の見える化で働きやすく
スマートキャスティングボード

近年の働き方の変化によって複雑化する要員管理を簡単に。
そして、働く皆さんのスキルをより有効に活用する。
要員管理システム-スマートキャスティングボードを開発。

私たちキムラユニティーは、作業量の波動・時々刻々の変化に対応する、使いやすい要員管理システム「スマートキャスティングボード」を自社開発しました。機能性・操作性に徹底的に拘った、現場の声から生まれたシステムです。
働き方の変化によって、職場には様々な勤務シフトが存在しています。働く皆さんのスキルに合った作業アサインを可能とする当システムは、働きがいのある職場の実現や雇用創出にも寄与します。

スマートキャスティングボードのポイント

働き方の多様化に対応
限られた時間だけ、特定の曜日だけ、多種多様な働き方に対応
要員管理の幅を広げる教育ツール
スキルの把握により、適正な作業アサイン、社内研修など教育の履修
出勤時の健康チェック
出勤時の健康チェックで、職場内のコミュニケーションツールとして有効

太陽光発電設備の導入
環境に配慮した事業活動

事業活動にともなう環境負荷を軽減するため、工場や倉庫、店舗の屋根などの保有資産を有効活用した、「太陽光発電設備」の導入に取り組んでいます。

上丘物流倉庫、犬山工場、稲沢工場、名古屋北営業所の4つの施設で太陽光発電を進めています。これからも自然環境に優しい「再生可能エネルギー」の普及促進に努め、企業の社会的責任として環境保全活動を積極的に推進していきます。

上丘物流倉庫
上丘物流倉庫
稲沢工場
稲沢工場
犬山工場
犬山工場

多様性・創造性の尊重
学びやスキル向上の機会を

私たちは、共に働く仲間の多様性・創造性を尊重し、多彩な人材が活躍できる職場づくりをめざす、ダイバーシティ(多様性)の推進に取り組んでいます。

外国人実習生の受け入れ

日本国内にて、3年間の研修・実習を通じて物流現場オペレーションを学び、当社グループ海外子会社の幹部候補生・リーダークラスを育成する、外国人実習生の受け入れを継続して進めています。

技能検定風景
技能検定風景

学びやスキル向上の機会

両立支援

女性の活躍促進に加え、ワーク・ライフ・バランスの推進や育児・介護をサポートする環境づくりなどに取り組んでいます。

両立支援